現場を確認して

男女

探し方と選び方

東京は保育関係の求人が多い地域です。共働き世帯の増加や女性の社会進出が進んだことにより、少子化でも保育所ニーズはむしろ高まっています。一方、保育士はきつい、賃金が安い、労働時間が長いなどといったイメージがあったり、若い女性が結婚や妊娠で退職したりすることがあったりするため、常に人手不足です。そのため東京の求人数は多くなっているのです。東京の保育求人に応募しようと思うときは、現場を見て働きやすいか確認することが大切です。現場としても長く働いてくれる人材を求めているので、現場の雰囲気を見て確実なマッチングをしてほしいと思っています。そのためにも、賃金、休みなどの書類からわかることだけでなく、実際働いている様子を見るのがおすすめです。現場を見るときは、園長との相性、働いている先生の雰囲気などを見るとよいでしょう。たいていは園長が案内してくれるので相性というのはある程度わかるでしょう。公立の施設ならば上長も変わることがあるのですが、働き始めてすぐの働きやすさには影響します。厳しそうでも本当に園児と保護者のことを考えているのかなどを見極めるようにするとよいでしょう。また働いている先生が活き活きしているか、見学に来た人に対してもにこやかで感じのいい挨拶をしているかなどもポイントです。雰囲気のよさは働きやすさ、人間関係のよさにつながります。東京の求人は多いですが、条件だけで決めると後悔することにもなりかねません。きちんと見極めて決めましょう。

Copyright© 2018 保育士になりたいなら求人をチェック【転職して給料アップ】 All Rights Reserved.