高齢社会で求められる職種

複数の人

介護の仕事内容と将来性

ケアワーカーとは、在宅や施設、訪問系事業所等で介護の仕事をする人のことです。介護福祉士やホームヘルパー(現在は初任者研修修了者と言われます)と同義で使われることが多いです。仕事の内容は様々で、入浴や排泄、食事などのお手伝いを中心に、家事についての援助も行います。また、ケアワーカーは介護現場にかぎらず、病院等、医療現場でも求められる人材となっています。東京等の中心地でケアワーカーの求人を検索すると、多くの案件が見つけられるでしょう。東京を中心とした関東では、高齢化率が高くなっており、ケアワーカーの需要は高まっていきます。そもそも、高齢化は社会問題であり、国の施策において「どのように介護の担い手を確保するか」ということについて、議論が進んでいるのです。求人数は増えていくことが予想できます。当然、足りない人材を確保するため、給与等の条件面も優遇されることとなります。特に東京等、関東近辺には介護施設が集中しており、ケアワーカーの確保が急務となっており、求人案件は増加していきます。2025年には団塊の世代が75歳以上となります。多くの求人の中、活躍できる人材になるためには、多くの経験を積むことです。経験とは、1人でも多くの高齢者に対して、誠心誠意、ケアにあたることです。教科書や授業で学ぶことよりも、現場で1人の高齢者から教わることは多いのです。一人ひとりの高齢者との濃い関わりにより、ケアワーカーとしての経験値は必ず高まります。そういった経験を積み上げることで、社会や高齢者から本当に必要とされるケアワーカーになれるのです。その後、専門介護士や介護支援専門員等、新たに資格取得しステップアップすることが可能です。東京では研修会も多く、著名な講師の研修を生で聞くこともできます。日本の老後を支える中心としてケアワーカーは必要な職種であり、将来性のある職種といえます。

Copyright© 2018 保育士になりたいなら求人をチェック【転職して給料アップ】 All Rights Reserved.